「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:お別れ( 9 )


2014年 01月 19日

久しぶりに 実家に

金曜日から、久しぶりに実家に行って
いました。
c0098501_18451210.jpg

今年初めての、デパ地下弁。

今日、日曜日は、母の49日、忌明け
でした。
c0098501_1848326.jpg

寒い寒い雪のちらつく日でしたが
無事に終わりました。
c0098501_18501031.jpg

只今、帰りの特急の中!

夜8時頃 京都駅に着きました♪

by magomagom | 2014-01-19 18:42 | お別れ
2013年 12月 14日

相変わらず バタバタと暮らして居ります

12月14日 土曜日

相変わらず バタバタと暮らして居ります。
皆さんから たくさんの「お悔やみの言葉」 を
頂き ありがとうございます。

12月11日に 母の3・七日(みなのか)を 終えました。
私の実家の辺りは 49日まで 七日毎に 
お寺に行かなくてはいけません。
お寺に指定されている時間は 朝の9時。
毎週 水曜日に 老父と共に お寺に行っています。


c0098501_23583517.jpg

週の前半は実家に・・・ 水曜日の夜には 我が家に
戻り 木曜日は 朝から某大学病院に・・・
これが 結構 しんどいんだな・・・


c0098501_001174.jpg
 
週末は 少しゆっくり 我が家で過ごす。 そんな暮らしを
続けています。

母を病院で看取った時 お通夜 告別式の時は
涙が止まらなかったけど その後は 現実が
押し寄せて来て 悲しんでるヒマが ない!
1番の問題は 老父の今後の生活のこと。
88歳の父・・・ 仕事だけの人だったので な~んにも
出来ないの・・・ 姉と協力しながら 色々 考えて
います。

姉が居てくれて 良かった! 私1人やったら
途方に暮れてたわ・・・ と 思う 日々です。


c0098501_04134.jpg

京都に戻り 街に出ると どこもかしこも クリスマス
らしくて 華やかですが・・・
今年の私のクリスマスは・・・ 24日は実家で
老父と過ごす。25日は 朝からお寺で 5・七日の
お参り・・・ そんな感じです。


☆ デパ地下弁も クリスマスモード ☆
私は特急の中で 父はお夕飯に 食べました。


c0098501_0125771.jpg



c0098501_0132983.jpg



c0098501_013594.jpg

私は 母が亡くなってから 実家に居る時は
母の部屋で寝ています。
生前 母が使ってたベッドに潜り込み
「お母ちゃん おやすみ! 会いに来てや~!」
と 声に出して寝るのですが 未だに 母は
1度も来ません。

姉いわく 「きっと 来たはるんやけど 疲れて
寝呆けてるのを見て 申し訳なくて 黙って帰りはるんやわ・・・」 
と・・・
どうなんだろうね! 

by magomagom | 2013-12-14 00:30 | お別れ
2013年 12月 06日

今年は 母との別れの年となりました

2013年 12月6日 金曜日

あれから 1年が経ちました。
昨年の12月6日 ゴマが 旅立ってから 1年が
過ぎました。


c0098501_0325776.jpg

昨年の12月6日に ゴマが旅立ち それから
10日後に 私は入院 手術したんだっけ・・・
まるで 昨日のことのように 思い出されます。


c0098501_037423.jpg



c0098501_0381422.jpg

今年は 良い年にしたいな・・・ と 思いましたが
11月21日に 母が 永遠の眠りにつきました。

11月18日に 日帰りで 実家お見回りに行きましたが
19日に入院したと 知らせが入り 急いで 実家に・・・
19日の夜は 母の意識も しっかりしていて 
病院に付き添った私と 会話も 色々 出来ました。

翌日からは 姉と一緒に付き添いましたが 母は
21日に 逝ってしまいました。


c0098501_1435092.jpg

お通夜 告別式を済ませ 姉と交代で 老父の
様子を見に行ってる日々です。


c0098501_1461923.jpg

子が親を送ると言うのは 順番として 当たり前の
ことなのでしょうが 何だか 心に ポッカリと
穴が空いたようです。 今でも 母から電話が
かかって来そうな気がして・・・ 何だか 寂しく
なっちゃったな・・・

by magomagom | 2013-12-06 01:26 | お別れ
2012年 12月 16日

書こうか 書くまいか 迷ったのですが・・・

書こうか 書かないでおこうか 迷ったのですが
ゴマのことで 心に強く 感じることがあるので
やっぱり 書いておこうと思い 投稿しています。

この1ヶ月間 私は 某大学病院の空き部屋待ち
状態でした。8年前に ちょっと大きな病気を
してから 今日まで 治療を続けていますが
1年半ほど使った お薬の副作用で 入院治療が
必要と 言われました。

それを言われたのは 11月8日 私が12日まで
更新をしなかったのは そのせいです。
2%の確率の副作用に 大当たりして 治療が
必要・・・ 今 私は いたって 元気ですが
放っておくと とんでもないことになるらしい・・・


c0098501_681661.jpg

真っ先に 頭に浮かんだのは ゴマの介護のこと。
(家族は 大人だから 手がかからない。)
通院治療ではダメなのか?お願いしても NO!
泣きながら 家に 帰りました。

家族が ゴマの世話は 出来る限りのことをすると
言ってくれたけど 昼夜逆転の上に お薬は水溶き
鼻汁の調子の良い時の抗生剤は小 鼻汁が多い時は
大。
餌は ほとんど ミキサーにかけたものと ゴマの
世話は 何かと 手がかかります。


c0098501_614356.jpg

くよくよと考えたり 泣いたりしたけれど 飲み薬は
3週間出されたし 3週間は お部屋が空かないの
だろうと思い お呼びがかかるまで 精一杯
ゴマの世話をしよう。そして 後は 家族に託さなければ
仕方がない・・・ そう 思いました。


c0098501_6255815.jpg

でもね 嫌な予感もありました。
わんこは 口は利けないけど 飼い主のことには
すごく 敏感。 ゴマは 気を利かして 逝ってしまう
のでは ないだろうか・・・

案の定 ゴマは 12月6日に あちらに逝ってしまった。
私には 「おかあしゃん もう良いよ。治療に 専念して」
って 言ってるように 思えてならない。
足手まといにならないように 逝ってしまったように
思えてなりません。
それと ゴマは やっぱり 私に 最後を 看取って
貰いたかったのでは ないだろうか。


c0098501_6411913.jpg

ふうこの時は 父が大腸のポリープを取るため
私が 付き添いを頼まれ 寝たきりのふうこを
どうしよう・・・獣医さんに 預けて行こうかと
思っていたら あっけなく 逝ってしまった。

ゴマも 気を利かせたように 思えてならない。

もし そうだとしたら 悲しんでばかり居たら
ゴマに 申し訳ない。 頑張って 治療に 専念しないと。
そんなこと 有り得ない。こじつけよ と 思われるかも
しれないけど わんこって 本当に 敏感ですよ。

週末や 年末には 外泊許可が出て 家に
帰れるかと思いますが 明日から 頑張って来ます!

by magomagom | 2012-12-16 07:07 | お別れ
2012年 12月 07日

飼い主としての 役目を終えました

ゴマに お別れのコメントを たくさん頂き
ありがとうございます。
お返事も書いて居りませんが 今日
飼い主としての役目を 終えたので
記しておこうと 思います。

昨夜は 仕事を終えた 息子1号 Aちゃんも
ゴマに会いに来てくれました。
そして ワンパツ屋さんも・・・


c0098501_18512962.jpg

ワンパツ屋さん 何度も 何度も ゴマの顔を
撫ぜて 涙を流して下さった。

今日 お昼ちょうどに ペット葬儀屋さんが
迎えに来てくれることになっていたので
朝から 何度も 何度も ゴマを撫ぜ
「後 ●時間 家に居られるよ。」 等と 声を
かけていました。


c0098501_1855286.jpg

時間になり ゴマを連れて お山に・・・
「ゴマちゃん とうとう あんたも ここに
来ちゃったなあ・・・」 と 思いながら
最後まで ゴマを撫ぜていました。


c0098501_199368.jpg

大好きだった スイートポテトや わんわんボーロ
似合うなあと思ったバンダナ お洋服数枚 
お花で埋めて ゴマの最後を 見届けました。

お骨を拾う時 ペット葬儀屋さんが
「この子ちゃんは 足がしっかりしてるなあ。
骨を見てると あんまり 苦しんでないように
思うけど 老衰 本当に 天寿を全うしたのでは
ないですか」 と 言ってられました。

確かに ゴマは 足が しっかりしていて
最後まで 自力で 歩いてた。
お骨は 本当に きれいでした。
ゴマの喉仏は 本当に 小さな仏様の
ようだった。


c0098501_19283419.jpg

暖かくなるまで 家に置いてやりたいので
お骨になったゴマを 抱いて 帰って来ました。
この日が来ることは わかってはいるのだけど
涙が 止まらなかった。

「そんなに泣いたら ゴマが 安心して
行けへんやないか」 と 家族に 言われるけど
昨日まで 存在していた姿がないのは 本当に
寂しいです。

by magomagom | 2012-12-07 19:39 | お別れ
2012年 12月 06日

私とゴマの16年が 終わりました

調子を取り戻したように思えた ゴマですが
12月6日 朝 6時頃 私の腕の中で
あちらに 旅立ちました。


c0098501_13551829.jpg

一昨日は 私が 驚くほど 食べてくれ
体重も 増えていました。
ただ ここ数日 呼吸が 荒いな・・・とは
思っていました。

昨日(12月5日)に 点滴に行った時に
そのことを 相談して来ました。
昨夜は 何も 食べないで 寝てばかりでしたが
夜中の3時頃 急に鳴き 様子を見ていても
鳴く回数が 増えるので 痛みがあるのか?
と思い 恐怖の館に 連れて行きました。


c0098501_145412.jpg

半日ほど預かりましょうと 言われ 置いて来る時に
もし 万一のことがあったら 息のある間に
連絡を下さいと お願いして来ました。

5時頃だったでしょうか・・・ 恐怖の館から
ゴマの呼吸が 弱くなって来てるので すぐに
来て下さいと 電話がありました。


c0098501_1411228.jpg

私が着くまでに 心臓が止まったそうですが
獣医さんが 心臓マッサージをして下さり
息を吹き返し 私が来るのを 待っていてくれました。
私が抱いてるのが わかるのか 足も 動かして
くれた。30分ほど抱いていたかな。
静かに 静かに 苦しむことなく 大きな息をして
あちらに 旅立ちました。

入院の度に 覚悟はしていました。 健気に
頑張ってる姿を見ると いつも 頭が 下がりました。

ブログを通して ゴマを可愛がって下さり 
ありがとうございました。 コメントのお返事は 
すぐには 書けないかもしれないけど 以前 ふうこが
亡くなった時 1つ前の記事に いっぱい
コメントを頂いたので コメント欄は 開けておきます。

今 ゴマは 花に埋もれて 穏やかな良い顔をして
眠っています。今夜は ゴマと最後の夜を 過ごします。

by magomagom | 2012-12-06 14:34 | お別れ
2011年 09月 26日

バタバタとしていました・・・

ほとんど 毎日更新の私ですが 21日から
ドタバタしてて ブログ更新も出来ず・・・
昨日 やっと ドタバタ 終了・・・
96歳の伯母と お別れしました。
21日から 毎日 大阪通いでした。


c0098501_9483927.jpg

今日は 予定通り これから 例の歯の
処置です。
更新しなくて 心配して 鍵コメを下さった方
ありがとう。 ゴマも 私も 元気ですので
ご心配なく~~!

皆さまのところに 遊びに 行けずに 
ゴメンなさい。 ドタバタが 済みましたので
少しずつ おじゃましようと思っています。

by magomagom | 2011-09-26 09:57 | お別れ
2010年 11月 28日

お疲れを出されませんように!

今日は 福にゃんママさんと ママにゃの
伯母さまの告別式に・・・

出棺をお見送りしたら 失礼するつもりでいたが
その場の流れで 火葬場に ご一緒することに
なった。
お骨上げまでの時間を 利用して 皆で
昼食を・・・


c0098501_20105781.jpg



c0098501_20112751.jpg



c0098501_2012233.jpg

昼食を済ませ ママにゃ達と 別れて
私は 帰路に。

電車の中で 今頃 お骨上げの真っ最中かな?
なんて思ったり 49日が済むまでは まだ
いろいろ忙しくて 大変だろうな なんて 思ったり・・・


c0098501_20234738.jpg

帰りに T市で 電車を降り 夕飯の買い物を
済ませ 休憩した。
甘ぁ~いティラミスを 食べながら 福にゃんママさん
ママにゃ 疲れを出さないでね!なんて 思った・・・


c0098501_20465858.jpg

(↓の投稿と この投稿は コメント欄を閉じます。)

by magomagom | 2010-11-28 21:01 | お別れ
2010年 11月 28日

準親族って 言われちゃって・・・

1週間前の土曜日に 福にゃんママさん から
「今日の撃沈会なし~!伯母が 入院してん!」
と 電話を貰った・・・
伯母さまは 93歳と かなりのご高齢・・・

妹のママにゃ も インドネシアから かけつけ・・・

酒なママ 「伯母さんの具合は どう?」
ママにゃ 「今度は アカンみたい・・・」

伯母さまは 姪っ子二人に 見守られながら
旅立たれた・・・ 

私も 伯母さまには 何度も お目にかかり
良くして頂いた。(何せ ママにゃとは 13歳からの
付き合いだ!)
昨日は お通夜に・・・

福にゃんママさんに お悔やみを言ったら・・・
「あんた これ済んでも 帰らんといてや~!」
「え・・・私 親族ちゃうし 帰る・・・」
「あんた 準親族 やし 残って にぎやかにやろ!
大往生やってんから!」


c0098501_1422098.jpg

93歳と 天寿を全うされた伯母さまを にぎやかに
送ってあげよう・・・ と 私も 残ることに。


c0098501_150658.jpg

通夜ぶるまいを 頂き・・・
仏さまのお守りは 会館がして下さるので
皆で 梅田に・・・


c0098501_241724.jpg



c0098501_293330.jpg



c0098501_295993.jpg



c0098501_2102746.jpg



c0098501_2105544.jpg



c0098501_2112599.jpg

まあまあ!あんた達 にぎやかねえ!と
伯母さまが 笑っておいでるような気がした・・・

by magomagom | 2010-11-28 07:33 | お別れ